装備の内容は十分以上戦略的な価格設定にも注目

 

セレナのグレード構成は、まずFFと4WDに分けられます。
4WDのエンジンは、すべてスマートシンブルハイフリッドでアイドリングストップの機能が備わる。

 

FFでは、「B」と「S」にはこの機能が付かず、「X」以上に搭載されます。

 

 

ボデイは5ナンバーサイズに収まる標準ボデイと、エアロパーツを装着して3ナンパー車になる「ハイゥェイス夕ー」系を用意した。

 

「ハイウェイス夕ー系は全車がスマートシンプル系ハイブリッドとなる。
そして2 017年3月^までの限定生産として、「ハイウェイス夕ー」系には、特別抜車の「プロパイロットエデイション」を設定した。

 

文字通りプロパイロット、サイド&カーテンエアバッグ、ハンズフリー才1-^-スライドドア、16インチにサイ
ズアップされたアルミホイールなど、ニーズの高い装備を標準装着して価に抑えている。

 

FFと4WDの価格差は、大半のグレードで約28万円だ。

 

標準ボディの「B」では、前述のよぅに4WDにはスマートシンプルハイブリッドも加わるが、価格差を変えていない。
「B」は装備が乏しく 一般的ではないが、「B」の4WDは機能と価格のバランスでは割安だ。

 

 

4WDの「B」と「X」を比べると、#にほとんど差はないが、約13万円ほど安い。

 

「B」にブロパイロットの設定はないが、積雪地域に住むなど実用的な4WDのミニバンを求めるユーザーには注目の仕様だろう。

 

 

一般的な推奨グレードは、標準ボデイとハイウェイスターに分けて考えたい。

 

後者はボディが少し拡大され、外観の好みが分かれるからだ。

 

 

まず標準ボディでは、「G」(284万7960円)を推奨したい。
中級の「X」にメー力ーオプションでLEDヘッドランプ、インテリジェントキー、3列目シのスライド機能などを加える手もあるが、装備と価格を見ると、
これらをすべて標準装備した「G」が少し割安になる。

 

 

またスマ―トシンブルハイブリッドやプロパイロットが不要だと判断したなら、「S」(243万5400円)を選ぶ手もある。
スマートシンプルハイブリッドの「X」に比べて約5万円安くて、しかも「X」がオプションにするインテリジェン
トキーや左側スライドドアの電動開閉機能も備わる。

 

装備の違いを含めると実質的に14万円は安い。

 

この「S」はヴオクシー&ノアでお買い得な「X (8人乗り)」(244万9637円)に対向する目的もあり、装備を充実させて価格を割安にしたと思われる。

 

一方、エアロパーツを備えた「ハイウェイスター」系を選ぶなら、前述の特別仕様車として用意された「プロパイロットエディション」
{291万6000円])がお買い得だ。

 

特別仕様車らしくプロパイロットを含めて数多くの装備を採用して価格を抑えた。

 

ステップワゴンスパーダ「クールスピリットホンダセンシング」(299万円)と比べても安くセレナの魅力を割安に満喫できる。

 

 

またLEDヘッドランプや3列目シートのスライド機能など、さらに充実した装備を求めるなら、27万円高い「ハイウエイス夕ーGブロパイロットエディション」(318万7080円)も検討したい。